【2018年8月体験談】グリーンカードの面接に行ってきた!① 服装や持ち物について

この記事は約5分で読めます。

[metaslider id=”4553″]

グリーンカード面接時の服装&持ち物

グリーンカード申請から約1年。ついにグリーンカードの面接に行ってきました!

本当に長かった!

フィアンセビザ申請からグリーンカード面接までにかかった時間は約2年。

「絶対に失敗したくない!」という思いから、主人も私も気合をいれて臨みました。

その結果は・・・・?

今回はグリーンカード面接での服装や持ち物などについて書きます。

1. いよいよグリーンカード面接!当日の服装は?

面接は第一印象が大事!

Tシャツ、ジーパンなどのカジュアルな服装よりスーツやワンピースなど清潔感のある服装のほうが好印象です。

私たちの場合、主人はスーツの代わりに軍服、私はワンピースを着ていきました。

実際に面接に来ていた人たちもビジネスカジュアルな服装の人が多く見られました。

[adsense]

2.当日の持ち物は?

USCISから届くレターに持ち物が記載されていますが、実際にどんなものを持っていくか心配ですよね。

ここでは私たちが実際に持参したものなどについて紹介します。

(1)持ち物のポイント

実際に面接を受けて感じたのは、「書類がしっかり揃っていれば面接官への印象が違う!」とうことです。

・二人の関係を証明できるものは多ければ多いほどいい。

 *面接の直前に準備しようと思っていても大変です。結婚をしたら、共同名義のものを作っておきましょう。(例:銀行の残高証明、不動産関係の契約書、光熱費の請求書など)

・すべて原本とコピーを持参する

 *コピーだけでなく、原本をチェックされることもあるようです。原本を没収されて困らないようにコピーを準備しましょう。自宅にスキャナー付のプリンタがあると便利です。

・書類をきちんと整理しておく

 *面接当日に必要なものがすぐにとり出せるように整理していきましょう。私たちは書類を種類別に分けられるカバン(写真下)に入れて持参しました。

グリーンカード面接の持ち物

グリーンカード面接の持ち物

 スムーズに写真がとり出せると、やはり面接での印象もよくなります。私たちは面接官にもほめられました。(笑)

写真のものはwalmartで14ドルくらいで購入。

同じものではありませんが、Amazonでも似たようなものがありました。ご参考まで!

[amazonjs asin=”B01B25NN64″ locale=”US” title=”AmazonBasics Expanding File, Letter Size – Black”]

[adsense2]

(2)実際に持参したもの

私たちが当日持参したものは以下になります。

<持参したもの>  *すべて原本とコピーを持参しましょう!

・面接の通知書

・身分証明書(運転免許証、パスポート、軍発行のIDカードなど)

<申請者(米国人)>

・アメリカ国籍のパスポート

・出生証明書

・SNN(ソーシャルセキュリティー番号)

・最新2ヶ月分の給料明細書

・カントリー発行の結婚証明書

書類集めも二人で協力しながら、がんばりましょう!

<受益者(日本人)>

・パスポート

・コンボカード(就労許可と渡航許可を取得した場合)

・I-94

・SNN(ソーシャルセキュリティー番号)

・雇用主発行の就労証明書と給与明細証

 *雇用主に就労証明書を署名付きの発行してもらいました。また雇用先からいくら稼いでいるか分かる給与証明書と銀行預金のコピーもあわせて提出しました。ネットの広告収入 

・戸籍抄本の原本と翻訳したもの

・妊娠証明書

 *以前病院で発行した妊娠証明書です。以前必要があって病院で発行してもらったレターをコピーしたものを持参しました。なくても大丈夫です。あればぜひ。

[adsense]

<二人の名前で共同契約しているもの>

・不動産の売買契約書(家を購入したときの契約書)

・自動車保険

・健康保険

・公共料金の請求書(水道、ガス、電気など)

・携帯電話の請求書

・銀行預金残高証明書(Bank statement)

・タックスリターン(納税申告書)

・委任状(Power of attorney)

 *お互い病気・事故などなにかあったとき、銀行や不動産などすべての財産や権利を代理委任するもの。なくても大丈夫ですが、あればぜひ。

<その他>

・USCISから届いたすべての通知書

・二人の関係を証明する写真 

 *写真に撮影日、イベント名、場所を記載。二人が旅行したときの写真(どの場所で撮影したかわかるような背景があるもの)、お互いの家族や友人と撮影した写真、結婚式の写真などを準備しました。40枚くらい。(私たちは多めかも?)

 私たちは当日A4サイズのアルバムにいれて、面接官が見やすいようにしました。写真はチェックだけで渡さなくても済みました。(面接時に写真を没収される人もいるようです。)

[adsense2]

(3)持参したが必要がなかったもの

持参したが没収されなかったものは以下になります。

・私のパスポートの全コピー

 *パスポートの原本は確認していましたが、コピーは返却されました。グリーンカード申請時に提出しているから?

・戸籍抄本のコピーと翻訳

 *「グリーンカード申請時に提出されている」から必要ないと言われました。

・二人で旅行したときの旅券やホテルの領収書などのコピー

・二人の名前が記載された小鼓や郵便物のラベルのコピー

・二人で撮影した写真

・グリーンカードの書類のコピー

準備は多めにしたほうが安心です。

3.書類を準備する際に工夫したこと

家で準備するのに書類がたくさん!役に立ったのは次のアイテムです。

・カラー別の付箋(ふせん)

・貼ってはがせるテープ

・クリップ

・ペン(黒、赤)

実際にしたことは・・・・

原本にはピンクの付箋を左側にはり、コピーには黄色い付箋を貼りました。(面接官がどんな書類か一目で見やすくするため。)

また貼ってはがせるタイプのセロハンテープで「Copy」と貼り付けました。

このようにすることで、原本とコピーがごちゃごちゃになるのを避けることができました。

ご参考まで♪

4.まとめ

いかがでしたか?

証明できる書類が多かったせいか、面接でよく聞かれるような質問もあまりありませんでした。(たまたま?)

面接官も私たち二人について大量の書類があります。できるだけスムーズな進行になるように書類を準備しましょう!

グリーンカードの質問や体験談については後日アップ予定です。お楽しみに!

お読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました