海外送金ならWiseがおすすめ!送料手数料無料はコチラ▶︎

アメリカの歯磨き粉!Amazonでも人気のおすすめランキング7選 お土産にも♪

みなさんは歯磨き粉、何を使っていますか?

スーパーに行くと、たくさんの種類があって何を買っていいか迷ってしまうほど。

歯磨き粉は毎日のこと。自分にあった歯磨き粉を選びたいですよね。

またアメリカの歯磨き粉はお土産で喜ばれるアイテムの一つ。

今回はアメリカで歯磨き粉選びに役立ちそうな英単語と、おすすめの商品などを紹介します!

目次

1.  歯磨き粉選びに役に立つ英語

アメリカで歯磨き粉を選ぶときに壁になるのが・・

「言語の壁」!!

アメリカのお金 使い方

スーパーに買いに行っても、実際に知らない単語が多かったり、調べる時間もないと、

そのままスルーしてしまったり、結局買わずに後悔したり・・・。

ここでは知っておくと歯磨き粉選びに役立ちそうな単語を紹介します。

知っておくと便利な英単語

・歯磨き粉 toothpaste(トゥース・ペイスト)

・虫歯 cavity(キャビティー)

・エナメル質 enamel (エナメル)

・知覚過敏 sensitive teeth(センシィティブ・ティース)

・ホワイトニング whitening 

歯磨き粉の成分の英語と説明

・フッ素  fluoride(フロライド) *フッ素は虫歯予防に必須の成分です。

・研磨剤  polishing agent  または abrasive(アブレイシィブ)

*polishing は「磨く」agentの意味は「〜剤」の意味です。*abrasiveは動詞で「すり減らす、研磨する」の意味になります。ここでは名刺として使われています。

・ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)(sodium lauryl sulfate)

*いわゆる発泡剤になります。SLSが含まれている歯磨き粉は、泡立ちがいい反面、歯茎に刺激を与えたり、荒れることも。知覚過敏の人には向いていません。

・硝酸カリウム Potassium Nitrate(ポタシウム・ナイトゥレイ)知覚過敏にいい

・フッ化スズ  Stannous Fluoride(スタナス・フロライド) 知覚過敏にいい

2. 日本とアメリカの歯磨き粉の違い

アメリカの歯磨き粉を使ったことがある人の中には、

「泡立ちがよくて、口もすっきり。気持ちいいー」と思ったこともある人も多いはず。

私もその一人。ではなぜアメリカの歯磨き粉がそうなのか、その理由を知っていますか?

その理由の一つは、アメリカと日本と薬事法が違うためです。

アメリカの歯磨き粉には、日本の薬事法で禁止されている成分が含まれていたり、多く成分を配合することができるので、人によっては刺激が強すぎる場合もあります。

もちろん、アメリカの歯磨き粉でも、成分が強いものもあれば、そうでないものもあるので、ブランド名だけで買わず、できるだけ成分もチェックして、自分の歯にあった歯磨き粉を選びましょう。

3. Amazonでも人気!おすすめ歯磨き粉ランキング7選

ここではおすすめのブランドの歯磨き粉を紹介します。

ランキングやおすすめ度は個人的な意見なのであくまで参考までお読みください。

7位 Colgate(コルゲート)

Colgate(コルゲート)もアメリカでは有名なブランドの一つ。

ただし、おすすめ度は星2つにしました。理由は研磨剤がたくさん使われているから。

研磨剤は最初はいいんですが、実際に歯を削るので使い続けるのに不安を覚えます。使ったことがある主人に聞いてみると、、「使用感は悪くはなかったが安いブランドのイメージがあること、歯に悪そうで使っていない」とのこと。一個人の意見ですが。。

6位 SENSODYNE True White(センソダイン・トゥルー・ホワイト)おすすめ度★★★

Sensodyne Sensitive Teeth Whitening, True White Mint, Sensitivity Toothpaste, 3 ounce

「知覚過敏でもホワイトニングしたい!」という方に特におすすめ。

通常、ホワイトニングには研磨剤が多く含まれていることが多いですが、この商品は有名なホワイトニングの歯磨き粉よりも10倍少なく、歯にやさしい!しかも知覚過敏をしみにくくするだけでなく、歯の汚れをつきにくくするそうです。(1日2回の歯磨きで効果あり)

下記の写真は実際のAmazonのレビューから抜粋した写真です。白くなっています。

Amazonでもレビューがよかったです!興味がある人はぜひ!

5位 Arm & Hammer(アーム・アンド・ハンマー)

アメリカのベーキングパウダーで有名な会社ですよね!

ホワイトニング効果のために、ベーキングパウダーを多く使っています。コルゲートやクレストの歯磨き粉を使っていた人は、Arm&Hammerの歯磨き粉に変えたあとで歯医者さんに「健康的な歯ですね!」とほめられたとか。

主人は数年前使った時に、効果はあってよかったが、しみるというかしょっぱい感じがあってちょっと苦手だったそうです。

ナチュラルな成分を使っていて歯にも安心ですし、他のはだめだったけど、この歯磨き粉が合うっていう方にはいいかも!

4位 Tom’s (トムズ)

ホワイトニングに効果ありと有名な歯磨き粉!

ホワイトニングというと「研磨剤がたくさん入って歯がもろくなるのでは?」と心配する方もいるかもしれませんが、トムズの歯磨き粉は植物成分から作られていて、体にも環境にも優しいので安心な歯磨き粉だとか。

自然派志向の人には一押し!個人的にはパッケージが好きです。(笑)

使ったことがなかったので星3つにしました〜。

3位 SENSODYNE Extra Whitening(センソダイン・エキストラ・ホワイトニング)

アメリカのブランド「SENSODYNE(センソダイン)」の商品で一番売れている商品です!

特に知覚過敏の人におすすめ

SENSODYNE(センソダイン)のHPによると、1日2回の歯磨きで、24時間知覚過敏をしみにくくし、痛みから保護してくれるとのこと。フッ素が配合されているので虫歯予防もできます。また発泡剤を使用していないので、歯にやさしい歯磨き粉です。

日本でシュミテクトが好きな人には一押し!

私の友だちは「3日続けて使用したら、歯茎の痛みがなくなった」に言っていました!

2位 Crest(クレスト)3Dホワイト

虫歯予防はもちろん、ホワイトニングしたい人におすすめ!

以前使っていた歯磨き粉で、実は私が一番好きなブランドです。(今は主人の好みでセンソダインを使っていますが・・笑)この私はクレストの中でこの3D whiteが特に好きです。

好きな理由は、泡立ちもよく、磨いた後の爽快感がたまらない

1位と3位のセンソダインで爽快感が足りない人はクレストがおすすめ。

1位 SENSODYNE PRONAMEL(センソダイン・プロナメル)

SENSODYNE(センソダイン)から出ている歯磨き粉。

Acid food(酸性の食物)、いわゆる脂っこいものやコーヒーや炭酸水など刺激の強い食べもの、飲み物から歯が酸化するのを守ってくれる歯磨きです。具体的には歯のエナメル質を強くするんだとか。レビューでは1週間で効果が出たという人も。

もちろん、SLS(発泡剤)は配合されていません

実際に使ってみたら、次の日に家族に歯がきれいになった」とほめられました。

3位のセンソダインをコストコでまとめ買いしたので、ぜんぶなくなったら、こちらを使いたいと思っています。

4.  まとめ

いかがでしたか?

今回は歯磨き選びに役立ちそうな英語やおすすめの歯磨き粉を紹介してみました。

私はアメリカの歯磨き粉を愛用していますが、やはり合わない人もいるそうです。

お土産に人気があるとはいえ、もし使用後に不快感やトラブルが出た場合には使用を中止して、普段のものに切り替えてくださいね!

お気に入りの歯磨き粉が見つかることを願っています!^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次