やっぱりお魚が食べたい!アメリカのお魚の種類、買い方、英単語などまとめてみた!

この記事は約6分で読めます。

[metaslider id=”4553″]

やっぱりアメリカでもお魚が食べたい!

アメリカに移住してからはおうちご飯はお肉が中心。

お店に行っても、お魚の種類が分からなかったり、調べるのもおっくうで、結局買わずに帰ってくることがほとんどでした。

でも・・・お魚を食べない生活に限界!!

ということで、アメリカに売っているお魚の種類を調べました。

今回はアメリカのお魚の種類、買い方、英単語などについてまとめました。

1.アメリカのお魚事情

(1)アメリカ人もお魚を食べる?

アメリカの料理というと「お肉」のイメージですよね!

でも「お魚」もよく食べます!

生ものは細菌などが心配で食べられない人もいますが、お寿司はアメリカでも人気があります。

(2)どんなお魚が売っているの?

日本に比べると、売られている魚の種類は多くありません。サーモン、タラ、ヒラメ、ナマズ、ティラピア(ススメダイ)、メカジキなどがメインです。

住んでいる土地によって、魚の種類は少し異なりますが、アジア系のスーパー(Hマートなど)に行くと、ほしいお魚が手に入りやすいです。

(3)どうやってお魚を買うの?

アメリカの一般的なスーパーで売られている魚は、冷凍、もしくは切り身がほとんど。

冷凍のものは冷凍コーナーにあります。

冷凍でないものは、スーパーのお魚コーナーで買えます。すでに処理されたものが冷凍のガラスケースに入っており、そこでお魚をポンド単位で量り売りしてくれます。

初めての方は1ポンドからがおすすめ。

(二人分あら1ポンドでいけるかなと思います。)

ここで、いきなりクイズです!

「切り身」は英語で何と言うか知っていますか?

答えは・・・fillet(フィレット)

よく見かける単語なので覚えてくださいね!

では、量り売りで使える英会話フレーズも一緒に見てみましょう!

ぜひお役立てください♪

便利<アメリカのお魚を買うときに使える英会話フレーズ>

日本語 英訳
 この鮭を下さい。 I would like to have this salmon.
 1ポンド(ハーフポンド)ください。 One pound(a half pound), please.
 この貝は生で食べれますか? Can I eat this shellfish raw?
 小エビを___ポンド下さい。 _____pounds of shrimp please.
● 魚の皮を取ってください。 Please skin a fish.
●魚の骨を取ってください。 Please born a fish.

店員さんにお願いすれば、骨や皮をとってくれるそうです。

(4)魚の臭み、鮮度は大丈夫?

アメリカの魚の臭みが気になるって方は結構多いです。なので料理によっては臭みが気にならないこともありますし、臭みをとってから料理します。

<魚の臭みの取り方>
いろんな方法がありますが、臭みをとるには「塩」がおすすめ。
塩や胡椒を擦りつけてから酒を振って冷蔵庫で半日置くと、臭みがとれて料理が美味しくなるとか。
臭み取りに「生姜」を使う人もいます。

鮮度ですが、これも住んでいる土地によります。海が近いエリアのお魚は美味しいですし、種類も多い!ただし私が住んでいるところは内陸なので鮮度は期待できません・・。

また基本的にアメリカのお魚は店まで冷凍されて運ばれ、そこで自然解凍されて販売されています。ただし細菌の恐れがあるため、食べるときは必ず加熱すること。生で食べるとはおすすめできません。

(5)アメリカの家庭ではどうやって調理するの?

基本的に生では絶対に食べません。
オーブン、フライパンで焼いたり、フライにしたりします。
日本のように煮魚にしたり、蒸したりはしません。

2.アメリカで売っている魚の英単語

アメリカで売っているお魚の英単語をまとめてみました。

Salmon(読み方:サーモン) サーモン、鮭

アメリカで大人気はやっぱりサーモン!冷凍でも、量り売りでも買えます。

Tuna(読み方:トゥナ) まぐろ、赤まぐろ

アメリカで大人気はステーキで食べます。美味しそう!

 

Albacore(読み方:アルバコア) 白マグロ

マグロの一種。日本のようなマグロは赤マグロ、アルバコアは白マグロ。味は赤マグロに比べて、淡白で薄め。

By Wikipedia

Trout(読み方:トゥラゥトゥ) マス

焼き魚、オーブン料理、お鍋に。スモークでも美味しい!

Tilapia(読み方:ティラピア)ティラピア

アメリカでサーモンの次によく見かけます!お魚の中でも、安くて買いやすいです。

ティラピアは養殖魚で、くせがなく生食用としても売られています。お吸い物、天ぷら、ソテーどんな料理でもおいしい。ただし、身が崩れやすいため、煮魚には向きません。

ただ・・・私が過去に食べた(冷凍)ティラピアは臭みがあり、食べられませんでした(泣)。処理されていない、姿のままで冷凍で売られていたものでした。

もし買うなら、すでに綺麗に下処理されたものがおすすめです。

Catfish(読み方:キャットフィッシュ) アメリカナマズ

スーパーのショーケースで見かけますし、コストコでも売っています!

独特の臭みがあるので、臭み取りに、生姜汁か牛乳につけてから調理するといいかも。

フライが一番合います。

冷凍だと、ナゲット用に一口サイズになったものもあり。

こちらはショーケースで売られていたもの。

スーパー(Safeway)にて⬆︎

Cod(読み方:コォッド) たら

ムニエル、野菜と一緒に鍋にしてポン酢で食べるのも美味しいです。

スーパー(Safeway)にて⬆︎

www.world-mylife.com

Flounder(読み方:フラウンダー)ヒラメ

煮魚にぴったりです。

 

Rockfish(読み方:ロックフィッシュ)

ロックフィッシュは、日本のソイ、メバル、キンキなど淡水魚のこと。

メバルは黒っぽい、キンキは赤くぎょろっとした魚のイメージなど日本で細かく分けてもアメリカではひとまとめてロックフィッシュ。種類は250以上あるそうです!!

引用:http://www.honda.co.jp/fishing/picture-book/mebaru/

コストコでも発見!煮付けにしたい・・♥

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事を読んで、アメリカのお魚のことが少し身近に感じていただけたら嬉しいです。

日本ではあまり見かけないお魚も多いので、美味しい食べ方など今後アップしていきたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました