コロラドってどんなところ?コロラド州の基本情報&魅力6つ

コロラドにきて1年になりました!

コロラドに住むことが決まったとき、「コロラドってどんなところなんだろう・・?」と思って、ネットで調べましたが情報が少ない!

でも情報が少ないからといってコロラドに何もない、というわけではないんですよ!

今回はコロラドの基本情報とコロラドの在住者だからこそ感じるコロラドの魅力について紹介したいと思います!

Sponsored Link

1.  基本情報

まずはコロラドの基本情報です!

(1)州の位置

コロラドってどこにあるか知っていますか?

渡米前、日本で「コロラドに引っ越します」と言うと、必ず「コロラドってどこにあるの?」という質問を受けました。

なのでまずは位置からです。

コロラドの位置は・・・こちらです!

アメリカの真ん中あたり!

中西部の州です。内陸なので海はありません!

またよーくみると、東西南北いろんな州と接しているのがわかりますか?

北はワイオミング州

東はカンザス州

西はユタ州

南はニューメキシコ州

これも多くの州と接しているのもコロラドの特徴です。

(2)コロラドの首都

コロラドの都市はデンバーです。

「コロラド州」よりも「デンバー」という名前は聞いたこともある人も多いはず?

デンバーや近郊都市には今、IT企業が進出し、経済発展が目覚ましく注目されている都市です。

(3)気候

コロラド州は広いので、気候も南北でかなり異なります。

南に行くにつれて、温度が上がります。

またロッキー山脈が南北に流れているので、

基本的には内陸性・高山気候。

天気が変わりやすく、日中の気温差が大きい!

こちらはデンバーの年間の平均気温です。

コロラドの気温
 出典:在デンバー日本国総領事館

ポイント

・昼間はTシャツ半そ短パンなのに、朝方夕方は長袖のジャケットを着ることもあります。旅行の際はジャケットを持っていくのがおすすめです!

・標高も高いので、日差しが強く、非常に乾燥しています。サングラスや日焼け止めは必須!女性は保湿クリームもあるといいでしょう!

また4月中旬~9月中旬は雹(ひょう)が降ることもあります。こちらの写真をご覧ください!

雹(ひょう)が降ったら屋内に避難しましょう。

ひどいときは(特に北部では)野球ボールぐらいの大きさの雹(ひょう)が降ることがあり、車がベコベコになったりします。(写真下)

私の主人は、コロラドに引っ越してから車の保険プランを変更しました。

(4)人種の割合

ウェキペディアによると、白人が約70パーセント、ヒスパニック系約20パーセント、アフリカ、インディアン、アジア系が約10パーセントになります。

日本人は本当に少ない!!

コロラドに住んでいる日本人の具体的な数字はわかりませんが、 有名なコロラド大学があるのでそこで日本人の留学生や研究員、駐在員とその家族が引っ越してくることが多いとか。

また郊外では空軍、陸軍など軍事基地があり、軍人と国際結婚した日本人が住んでいます。

2.コロラド在住者によるコロラドの魅力6選

実際に住んで感じたコロラドの魅力を紹介します。

(1)毎日が晴天!「太陽が眩しい州」

コロラドに来たとき、「Do you like sunshine?(太陽が好き?)」と聞かれたことがあります。

コロラドは「年間300日は晴天」と言われるほど太陽が出る日が多い州なんです。

雨が苦手な人はコロラドの天気は本当に最高です!

コロラドの旗をご覧ください。

コロラドの旗

まんまる黄色い丸は「太陽」を指します。

やはり旗に描かれるほど、太陽がシンボル!

青は「空」、白は「雪」、赤は「大地」の意味になります。

まさにコロラドのすべてを表現しています!

(2) 風景の色が豊かでダイナミック

南北にそびえるロッキー山脈。

コロラドに着いたとき、オレンジ色の岩でできた岩石の山の美しさに言葉を失うほどでした。

緑色の自然にいっぱいのグリーンの山

夕日で赤く照らされた山

真っ白な雪に包まれた山

同じ季節でもカラフルないろんな表情を持つコロラドの景色。

毎日うっとりさせられます。

(3) アウトドアが盛ん

大自然に囲まれているコロラド。

ハイキング、トレッキング、サイクリング、スキー、ホッケーなど季節に応じて様々なアウトドアを楽しめます。

壮大な景色を眺めながらのスポーツは最高の贅沢。

標高が高いので、重力の負担がかかりますが、これが体を鍛えるのには最高の環境だそうで、オリンピック選手、プロのスポーツ選手の練習場としても多くの選手がやってきます。

スポンサーリンク

(4)クラフトビールが有名

コロラドはクラフトビールの醸造所がアメリカで2番目に多く(1番はカリフォルニア州)、クラフトビールが美味しい州として毎年選ばれるほど有名です。

デンバー郊のゴールデン市にはアメリカのビール会社大手のCoors(クアーズ)のビール工場があり、工場見学ができます。(要予約)

また全米No.1のクラフトビールになった「Blue moon(ブルームーン)」もコロラド発のビールです。

コロラドのビール「ブルームーン」

(5)野生の動物がいっぱい

コロラドに来てびっくりしたのは日常的に野生動物を見る機会が多いこと!

運転していると、シカ、うさぎ、リスなど急に道路に飛び出してくるのでびっくりすることも。また夜に熊が出現したり・・我が家では庭にうさぎやリス!私の友だちは何回か家の中に鳥が入ってきたそうです。日本のように食べ物が少なくなって山から下りてきたというより、自然は多いので、共存している感じ。

町に住んでいるんですが、「自然が豊かな証拠なんだな・・」と感じます。

(6)「住みたいところ」に選ばれる都市が多い!

人気がある都市ランキングで選ばれている都市がコロラドに多いんです。

Colorado Springs(コロラドスプリングス)、Fort Collins(フォートコリンズ)、Boulder(ボルダー)などがそうで、大都市デンバーからも遠くなく、ショッピングはもちろん、自然やアウトドアなども楽しめるので「Quality of Life(生活の質)」が高いとして評価されています。素晴らしい!

また生活費がそれほど高くなく、失業率が低いのも人気の理由。

3.まとめ

いかがでしたか?

日本の半分以上の面積を誇るコロラドにはまだまだ秘められたの魅力や楽しみ方があるはず。

これからコロラドに住む予定の方、コロラドに旅行に行く予定がある方、コロラドに興味がある方などの参考になれば幸いです!

Sponsored Link

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ

Sponsored Link