2019年アメリカのベビー用品で買ってよかったもの、おすすめのもの5選

ベビー用品 おすすめ

はじめて子どもを出産するご夫婦にとっては

赤ちゃんが生まれる前に何を準備していいか悩みますよね。

私も準備周到と思って、できるだけ買い揃えましたが、

結局使わなかったものがあります。

子どもが生まれて約3ヶ月。今回は実際に買ったものを振り返りつつ、

買ってよかったベビー用品について紹介します。

Sponsored Link

1.  出産の買い物はAmazonのベイビーレジストリーが超おすすめ!

本題に入る前に・・Amazonのベイビーレジストリーって知っていますか?

登録すると、おむつなどのベビー用品が無料でもらえ、ベビー用品の買い物が10〜15%割引になります!!しかも90日以内無料の返却可能です。

子どもが生まれると、必要なものがでてくるので登録するのが超おすすめです。

日本のAmazonのベイビーレジストリーはこちら。

スポンサーリンク

2.  ベビー用品で買ってよかったもの 私のおすすめ5選

ここからは買ってよかったベビー用品を紹介します。

日本から送ってもらって買わなかったものはベビー服とガーゼのハンカチ。

赤ちゃんの顔や身体を拭くガーゼハンカチなどは

アメリカでは探せないので日本から送ってもらって助かりました。

ここでは実際にアメリカで買って役に立ったものを紹介しますね。

買ってよかったもの①:カーシート、チャイルドシート

英語でチャイルドシートはcar seat(カーシート)と言います。

赤ちゃんはカーシートがないと車に載せることができないので、出産前に購入。

私たちは中古で安く買ったんですが、中古は壊れているものもあるので、

かなり注意したほうがいいとか。(あとで知りました!!)

カーシートもいろいろ種類があります。

私たち夫婦が買ったのはinfant(乳児)用のカーシート

babytrend(ベイビートレンド)というブランドです。

スポンサーリンク

赤ちゃんって振動が強いとすぐに泣いてしまいますが、このカーシートに乗せると、気持ちがいいのかすぐに寝てしまいます(笑)

主人と私が気に入っているのは、がっちりしたタイヤで、安定感があり、運動もできるところ。ま下に網があるので荷物を入れられるし、取っ手の手前にカップを入れたり、また音楽を聞くためのプラグとスピーカーもついています。77ドルとかなりリーズナブルなのにトータルで評価いいです。

カーシートを買うならおすすめしたいのが、

Car seat cushion for baby(クッション)!

赤ちゃんをカーシートに入れると首がグラグラするし、カーシートが肌に触れる部分が硬いので気持ちよくなさそう。

それで購入したのが「カーシートのクッション」です。

ブランドはアメリカの赤ちゃん用品で有名なSummer infant.

最初、主人が買おうと言った時は「本当に必要かな〜?」と半信半疑でしたが、

赤ちゃんが気持ち良さそう!ときどき家で寝ている時も枕代わり使っています。

買ってよかったもの② 鼻水吸い取り・鼻水吸引機

英語ではNasal Aspirator(ニーゾル・アスピレィター)です。

13〜16ドルくらいですが、この先しばらく使うので

長い目でみたらコスパよし!

アメリカ 鼻水吸引機 鼻取り器

(画像をクリックするとAmazonの画面にとびます。)

鼻づまりは乾燥や空気の汚れなどが原因だそうですが、

やっぱり私の住む冬のコロラドは乾燥がひどい!

赤ちゃんは夜に鼻をつまらせてとても苦しそうなので、

朝にこれで吸い取ってあげています。

ときどき長〜い鼻水や大きな鼻くそがとれるので(笑)

子どもを救ったような気持ちになり、親としてとても嬉しい!

いつもこれを使う時は鼻に塩水(?)かな?(下の写真)

病院でもらった点鼻薬を差しています。

すると、気持ちいいほどスルッととれる!(^m^)

生後1ヶ月のときは赤ちゃんの鼻穴が小さすぎて、

うまく使えなかったんですが、2ヶ月目に入り赤ちゃんも鼻も大きくなって

使いやすくなりました。赤ちゃんもなれるまで嫌がって暴れることもあるので、

機嫌がいいときにするのがおすすめです。

スポンサーリンク

買ってよかったもの③ バウンサー

英語では「bouncer」(バウンサー)と言います。

生後2ヶ月のころ、赤ちゃんの背中スイッチが発動!

ベットに寝かせようとするとすぐに泣いてしまうので、

1日中赤ちゃんと抱いていなければならない・・という時期がありました。

全く家事もできないため、困っていたところ、出会ったのがバウンサー!

Gracoの200ドルのスウィング(swing)、自動でゆらゆら動いてくれるゆりかごも買いましたが、家で存在感があるだけで効果なし(泣)!(こんな感じでした)

そのあと買ったのがバウンサー。

揺れないけど、お手頃な20ドルのバウンサーが気に入ったようで

やっと家事ができるようになりました。

バウンサーの悪影響や効果がないといった声もあるようですが、

赤ちゃんは気持ち良さそうだし、何より家事をする時間がとれるのがありがたい。

一日中バウンサーでくつろいでくれるわけではないですが、

軽くて移動も便利だし、とても助かっています。

Fisher-price(フィッシャー・プライス)というブランドが個人的にはおすすめ!

スポンサーリンク

買ってよかったもの④ baby monitor(ベビーモニター)

赤ちゃんが寝ているとき、赤ちゃんがちゃんと呼吸ができているか、うつぶせになって息ができなくなっていないか、など監視してくれるもの。

Angelcare(エンジェル・ケア)というブランドです。

主人の友人の超おすすめ品。

写真左の頭に輪がついているほうが、マイクがついていて、赤ちゃんの小さい泣き声も敏感に拾います。

そして写真右のモニターでは赤ちゃんの声、動き、部屋の温度などを表示。呼吸の音が拾えない時はアラームを鳴らすようセットすることもできます。

これも赤ちゃんが昼や夜にまとめて寝てくれるようになった2ヶ月半からは大活躍

このベビーモニターを置いておけば、安心して部屋に赤ちゃんを寝かせておくことができます。

少し値段は張りますが、本当に便利なのでおすすめです。

買ってよかったもの⑤ バスタブ(bath tub)

私が買ったのはこちら。

アメリカ お風呂 赤ちゃん

赤ちゃんをどうやってお風呂に入れるかって結構悩みませんか?

アメリカの赤ちゃん用のバスタブが何となくなじまず、

「やっぱり日本人風に一緒にお風呂?!」と思っていました。

そんな中、主人がこのバスタブを購入。アマゾンで未使用・一度開封したものが37ドルくらいのを28ドルくらいで購入。

アメリカってお風呂じゃなくて、キッチンのシンクで洗えるようにできています。

最初は超〜抵抗があったんですが、

慣れたらとても楽!(逆にアメリカのお風呂で洗うのが大変!)

アメリカで赤ちゃんのお風呂に入れるなら絶対におすすめです!

【補足】私は3歳くらいまで使えるよう、ネットだけじゃなく、椅子つきのバスタブを購入しました。椅子は上記写真のみどりのもの。

乳児だけ使いたいなら、お買い得だし、ネットだけのバスタブでもいいかな、と思います。

3. 日英対訳付きの出産準備リスト

本題に入る前に・・みなさんは出産準備のリストを準備しましたか?

私がアメリカで出産準備をするときに大変だったことは、

「ベビー用品の名前が英語でわからない!」ということでした。

必要なものは1つや2つじゃないので、英語で分からないと

調べるのも億劫になり、どんどん後回しに・・。

私と同じような悩みをもつ「妊婦さん、ママさんもきっといるだろう」と思い、

出産準備リスト(日英対訳付き)をリストを作ってみました。

出産準備品リスト (39 ダウンロード)

私も実際に使ったものです。よかったらダウンロードしてください。^^

4. まとめ

いかがでしたか?

今回は買ってよかったものについてまとめてみました。

赤ちゃんによっても必要なものは変わってきますが、

ぜひ参考にしていただければ幸いです。(^^)

Sponsored Link

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ

Sponsored Link