シェアする

アメリカで運転〜日本とアメリカの違い〜

Sponsored Link
実際にアメリカに来て運転をして驚いたことがあります。実際にアメリカに住んで運転したからこそ分かる、アメリカと日本の違いを紹介します!
Photo by https://pixabay.com
Sponsored Link

1.運転しながら携帯をいじる!

日本だと、運転をしながら電話をしたり、携帯でメールをしていたら、
警察にすぐに捕まりますよね。
アメリカでは運転をしながら電話したり、メールを打ったりしている運転手をよく見かけます。信号が止まっているときではなく、運転をしながらメールを打っているので本当に危ない。もちろん、運転中に携帯をいじるのは「違法」ですので、注意してください。

2.道路にくぼみや穴が多い!

州によるかもしれませんが、道路にくぼみや穴が本当に多いです。
運転していると、「ガタガタッ」と音がして「うわ、またハマった!」と思うことが日常的によくあります。道路を新しくしても気候や地質の影響で穴やくぼみができてしまうのだとか。
くぼみや穴に何度もはまるうちにタイヤがパンクしたり、傷つけることもあるそうなので、アメリカを運転する際はお気を付けください!

3.日中ヘッドライトをつけている!

日本では薄暗くなるとライトをつけますが、
アメリカでは明るい昼間からヘッドライトをつけているんです。
昼間からライトをつけて、視界もはっきりしてるのに「意味ある?」と最初は思いましたが
ライトをつけたほうが安全性が高まるそうです。昼間ライトをつけずに運転をして罰金をとられることはないですが、警察に止められることもあります。自動的にライトがつくように設定されている車もありますので、迷ったら車のライトの設定を「AUTO(自動点灯)」にしておくのがおススメです。

 4.ほとんどの高速道路が無料!

日本では高速道路にお金がかかりますが、アメリカではほとんどの高速道路が無料!(もちろん、有料の高速道路もあります。)たしかにアメリカのような広大な土地で高速道路が有料だったらどこにもいけないです。
長く広い道路を気持ちよく走れるのはアメリカの運転の醍醐味の一つ♪私がアメリカで運転が楽しくなったのもこの高速道路のおかげです。

5.方向指示器(ウィンカー)を出さないことがある

 日本では曲がるとき、ウィンカーを出すのが当たり前ですが、
アメリカだとウィンカーを出さない車をよく見かけます。
明らかに安全だとわかればウィンカーは必要ないと
思っているのかもしれませんね。

6.州によってナンバープレートのデザインが違う!

アメリカではナンバープレートを何というか知っていますか?
答えはLicense plate(ライセンスプレート)」です。
アメリカは州によってナンバープレートのデザインが個性的!
ハワイのナンバープレートは「レインボー」なんですよ☆
かわいいですよね!
日本も県によってプレートのデザインが異なっていたら面白いかもしれませんね。
 (東京は東京タワー、新潟は米、沖縄はシーサーとかになるのかな?)

まとめ

いかがでしたか?
他にもいろいろな違いがありますが、実際にアメリカにきて感じてください。アメリカは広いので州によってもルールやドライバーの傾向に違いがあります。運転される際はその州のルールを確認されることをおすすめします。
Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。
こちらからランキングが見れます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ