シェアする

アメリカで運転する際の注意したいこと5つ

Sponsored Link
 
はじめてアメリカを運転するのってドキドキしますよね!
・日本とは車線も反対だし、間違えたらどうしよう・・

・アメリカの道路標識の意味がよくわからない・・

・英語もできないし、事故にあったら怖い・・

私もそうでした!! 

アメリカに住んで最初のころ、車に乗るのが怖くて、家に引きこもっていた時期もありました。でも運転に慣れると、一気に生活の場が広がりますし、楽しさが増します!

いくつか注意点に気をつければすぐに運転に慣れますので、ここでは私がアメリカで運転する際に気をつけていたことを紹介します。

Photo by https://pixabay.com
Sponsored Link

1.車線は右側通行

ご存じのとおり、車線は日本と反対の右側通行。
慣れるまで運転するときは「右、右、右・・」と頭の中で繰り返していました。
またアメリカの車は方向指示器も日本と反対。
ついつい方向指示器を出そうと思ってワイパーを動かして、ちょっと焦りますが、これも次第に慣れてきます。

2.STOPサインは必ず一旦停止を!

交差点でよく見かけるこのSTOPサイン!
STOPサインをみたら、
完全に止まって左右を確認してから車を発進させましょう。
STOPの下に「ALL WAY STOP」と小さく書いてあれば
最初に停車した車が優先的に発進できます。

3.赤信号でも右折できる

アメリカでは赤信号でも右折できます。これは日本と違う点。
ただし右折するときは必ず反対側から車が来ないか必ず確認しましょう。
私は最初「赤信号だから右折OK」と単純に覚えていたので、車が来るのを確認せずに右折し、怖い思いをしたことがありました。アメリカでの運転になれると、右折するとき信号を待たなくてもいいので「便利だな~」と思います。
ほとんど見かけないのですが、「NO TURN ON RED」と表示されている場合は「右折ができない」ので注意しましょう。

4.スピード制限に注意!

「Speed limit」の標識を見たらその速度を守りましょう。
特に学校の近くや歩行者が多い場所はスピードは厳守です。
私のお友だちは30マイルの制限速度のところで35マイルで走り、
スピード違反でチケットを取られました。
「5マイルくらいオーバーでも大丈夫」なんて思ってはいけません。。
またいくら制限速度を守っていても、ときどき後ろから詰め寄ってくるドライバーもいますが、気にせずに運転しましょう。

5.駐車するとき車に荷物を置かない

運転に関してではないのですが、駐車して荷物を置いたまま車を離れると、
万引きの対象になりやすいので注意してください。
PC、財布、携帯、カーナビなど貴重品はもちろん、かばんが置いてあると窓を割られて取られる可能性があります。心配なものはトランクに入れておきましょう。駐車場に着いてからトランクにしまうより、事前に安全な場所で入れおくのがベスト。
コンビニやガソリンスタンドでは万引きに合いやすそうなので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
アメリカは車社会!運転できるとアメリカの楽しみ方が一気に広がります。運転が怖いと思う方はぜひ上記にあげた注意点を参考にしてくださいね。
Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。
こちらからランキングが見れます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ