シェアする

アメリカでの英語の上達法~話す機会はどうやって増やす?~

Sponsored Link

アメリカに住んでみたけど、思ったように英語が上手にならないという人も多いのではないでしょうか。私もまだまだこちらにきて4か月目なので、自分の英語力に自信があるわけではないのですが、日本にいたときも英語の実力は少しずつ伸びていると感じます。

英語を習得する一番の近道はやはり「実際に英語を使ってみること」。アメリカに実際に留学や住んだことがある方は感じると思いますが、実際にアメリカにいても自分で積極的に話す機会を見つけにいかないと意外に英語って使う機会がないんですよね。

今回は私がアメリカにきて英語特に会話力上達のためにしていること、友だちに聞いたことなど紹介します!

Sponsored Link

おすすめ5位 近所のESLクラスに通う。

もし近所にESLの学校があれば3か月でもいいので通ってみるのがおすすめです。先生以外みな外国人なので、みな完璧な英語は話すわけではありませんが、お互い外国人だかこそ英語のミスを気にせずに話せますし、英語がでたらめでも相手の言っていることを分かろうという意志があります。いきなりアメリカ人の友だちを作ったり、ボランティアを始めるにはまだ自信がない方にはとてもおすすめです。劇的に英語力が伸びるわけではないですが、アメリカで知り合いを作ることは新しい生活の第一歩になるので、アメリカの文化に慣れる助走期間としてはとてもいいと思います。英語のクラスに通って勉強したことが自分の達成感になり、自信にもつながります。

おすすめ4位 ESLのフリークラスに参加する。

私が以前シアトルに住んでいたとき、ESLの学校でフリークラスがあると知り、1か月ほど通いました。無料でしたが、内容はとても良かったです。正規のクラスと違うのは先生がプロではなく、これから英語の先生になろうとしている学生であること。いわゆる「先生のたまご」です。よかったのは、英語のレベル別にクラスが分かれていたこと、そして「先生のたまご」なので、とてもやる気があり丁寧に教えてくれたことです。私が通った学校はシアトルのダウンタウンから近い「ELS Language Centers」という学校でした。他の学校でも無料ではないのですが、「先生のたまご」のクラスがありました。2011年のことですがが、もし興味があればお問い合わせしてみてくださいね。

おすすめ3位 趣味のサークルや活動に参加する

私は参加したことがないですが、趣味のサークルに参加してアメリカ人はもちろん、外国人の友だちができた、という人が結構いました。私の友だちはジョギング、ハイキング、キックボクシングなどアクティブなもの多いです。趣味だと共通の話題もありますし、同じ活動の中で英語を話す機会が自然にできますよね。ELSに通って英語に自信をつけたら、自分の活動の幅も広げたいですね。インターネットで探すと結構見つけられます。

おすすめ2位 図書館のESLクラスに参加する

アメリカではよく図書館でアメリカに住む外国人のためのELSクラスを週1無料で開講しています。先生はボランティアですが、さすがボランティアで志望して教えられているだけあっ先生のやる気もありとてもいいです。ELSクラス以外にも、会話クラスなどオプションであったりします。ちなみに今住んでいるコロラドではESLのクラス以外に週1回2時間の会話クラスがあり、1時間はスピーキング、もう1時間はリーディングでアメリカの歴史について教えてもらえます。ぜひ近くの図書館にELSクラスがないか調べてみてください。観光(ビザなし)でもクラスに参加できるので、機会があればぜひ行ってみるのも面白いかもしれません。

おすすめ1位 地域のボランティアに参加する

アメリカでは子どもも大人もよくボランティアに参加します。私は3か月のELSクラスが終わってからボランティアに登録して始めましたが、思った以上話す機会が増えました。今は図書館とボランティアを紹介するオフィスでボランティアをしています。アメリカに来たばかりのころ、「英語ができなかったら迷惑かけるかな」と思って遠慮していたのですが、やってみると仕事はシンプルですし、もともと人手が足りずに困っているので、ボランティアしてくれる人は歓迎してくれます。アメリカの図書館や病院ではたいていボランティアを募集しているのでぜひ調べてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?アメリカで英語を話す機会としてはボランティアが一番おすすめです。ELSクラスで勉強することも大事ですが、少しずつ外の世界へ飛び出し、実際のアメリカ社会に溶け込んでいきましょう。

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。
こちらからランキングが見れます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ