シェアする

国際恋愛・国際結婚を成功(長続きさせる)ための10の秘訣

Sponsored Link

恋愛・国際結婚している皆さんはお相手の方とけんかをよくするほうですか?

ケンカをするとつい語学力や文化の違いのせいにしてしまいますが、結局はお互いの価値観や勘違いが原因になっていることがほとんどです。

では国際恋愛・国際結婚を長続きさせるためにどんな秘訣があるのでしょう?今回は実際に上手くいっているカップルや自分自身の経験からその秘訣を10つ挙げてみました!

Sponsored Link

1.国際恋愛・国際結婚を成功(長続き)させる10の秘訣

(1)コミュニケーションをとる

日本だと「言わなくても分かってくれるだろう」「言わなくても分かるはず」と相手が自分のことを理解してくれることを期待してしまいますが、言わないと分かりません。国際恋愛・国際結婚なら特に「自分の気持ちを表現する」ことはとても大切なことです。「なんで分かってくれないの!」と怒るのではなく、「自分はこうしたい」「こうしてほしい」など相手に伝えましょう。特に恋愛中は大事かもしれませんね。

アメリカでは特に相手の「目」を見て、コミュニケーションをとることが大事になります。

(2)相手の欠点は指摘せず、いいところを褒める

相手の欠点やよくない習慣は目に付きますが、あえて指摘せず、「相手のいいところ」を褒めてあげましょう。褒められて嫌な気持ちに思う人はいませんし、褒めることは相手の長所を伸ばしたり、あなたと一緒にいることの心地よさを感じます。

もし相手の欠点やよくない習慣を見つけたら、相手を変えることよりも「自分がどう変わればいいか」を考えましょう。相手の欠点を直そうと相手を責めても変わりません。

たとえば、これは私の知り合いの話です。家に帰ると服をあちこち散らかすご主人。見かねた奥さんはBOXを買って「ここに入れてね」とご主人がよく服を置くところに代わりにBOXを置いたらそこに入れてくれるようになったとか。

自然に相手を変えるよりも、自分を変えたほうが効率的ですね。賢くいきましょう~!

(3)「お互い価値観が違うこと」を受け入れる

国際カップルに限らず、日本人でも価値観の違いはありますよね。ご主人は「アウトドアが好き」でも、奥さんは「家にいるのが好き」という夫婦が上手くいかないかというとそうでもありません。まったく一緒だったら上手くいくかというと、逆にぶつかりあうカップルもいます。お互いの価値観が違うことを受け入れ、相手が好きなことを尊重してあげることが大事です。相手の好きなことを否定するのはやめましょう。逆に自分の好きなことを否定されたら「(あなたは好きじゃないのね)」くらいで流しちゃいましょう!

(4)強制しない

上記の2の繰り返しになりますが、相手を変えようと責めても変わりません。相手のありがままを受け入れましょう。「絶対にこうすべき」「こうじゃないとだめ」という自分の価値観(「べき」の価値観)にこだわりすぎると、逆に自分もイライラしてしまうし、相手にも窮屈な思いをさせてしまいます。どうしても相手に変わってほしいところがあったら、自分を変えてみましょう。結婚して相手が自分の「べき」とずれていたら、「ま、いっかー」と受け流すも大切かも・・!(笑)

(5)ケンカをしたら引きずらない

仲がよくてもケンカしちゃうことはやはりありますよね。もしケンカや口論をしてしまったら、一旦は別々の部屋で過ごすとか、距離を置くのも頭を冷やすのにいいかもしれません。

もっと大事なことはケンカをしたあとに延々と引きずらないことです。時間を置いて落ち着いたら、「ごめんね」「私もごめんね」と謝ったり、美味しいものを二人で食べたり、ハグしたり、二人で笑いあったりすればすぐに仲直りできるはず。ケンカのことをいつまでも愚痴愚痴いっても面白くありません。ぱっと気分を変えましょう!

(6)相手の話に耳を傾ける

以前日本で働いていたときに、会社でコーチングのスキルを学ぶワークショップで「人を伸ばすには「相手を承認してあげること」と教えてもらったことがあります。その「相手を承認する」のは具体的には「相手の話に耳を傾ける」ことでした。今振り返ると、「恋愛や結婚生活でもまさに使えるな~」と思ってます。

「相手の話に耳を傾ける」のはただ耳を傾けるだけではなく、「あなたの話をちゃんと聞いてますよ」というサインがとても大事だそうです。「サイン?」と思う方もいるかも?たとえば、「相槌をうつ」、「目を見る」、「質問をする」、「相手の話を別の言葉で言い換える」などです。「話す」ことよりも「聞く」ということが実は一番大事かもしれませんね。

(7)嘘をつかない

小さい嘘はまた新しい嘘を作ります。心に引っ掛かることがあれば、パートナーに話しましょう。愛している同士なら正直に話して大丈夫。常にお互い正直であることが恋愛・結婚生活を幸せに送る秘訣です。

(8)一緒にご飯を食べる時間を持つ

忙しいと一緒にごはんを食べる時間をとるのも難しいカップルもいるかもしれませんが、できるだけ意識的に一緒にごはんを食べる時間を持つようにしましょう。「食事をとる=お腹を満たす」ってすごくポジティブな効果を発揮してくれるんですよ。ただ何もなく話をするよりも食事を囲んで会話をするほうが気持ちがリラックスして話が弾むと言われています。

(9)スキンシップをする

スキンシップは非言語的、愛情表現の一つ。言葉がなくてもただ抱きしめられるだけでも肩の力が抜けてホッしたり、安心することありませんか。ケンカした後に「ごめんね」の代わりにハグだけでも許せたり。ある記事に「上手く行くカップルはスキンシップをよくする」と読んだことがあります。アメリカでは手をつないだり、ハグしたりという年配のカップルもよく見かけます。「スキンシップするのが照れくさい」とならないよう、日常的にスキンシップを大切にしたいです。

(10)感謝する

毎日パートナーに「Thank you(ありがとう)」と感謝を声に出して伝えましょう。掃除のあと、後片付けのあと、ごはんを作ってくれたとき、車を洗ってくれたとき、何か教えてくれたとき、小さなことでも感謝を忘れずに。日常の生活で感謝がすべきいっぱいです。心の中で思うだけでなく、口にだして伝えることがとても大事ですよ。「Thank you(ありがとう)」は幸せの言葉。たくさんの幸せとあなたと運んでくれるはずです。

2.まとめ

いかがでしたか?

私も国際結婚した一人として、国際恋愛や国際結婚の大変さを理解しています。今回書かせていただいた秘訣10つはとても基本的なことですが、初心を忘れず、いつまでも二人の愛を深めてほしいと思います。

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。
こちらからランキングが見れます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ