シェアする

アメリカ現地で聞く英語14 RSVP

Sponsored Link

Sponsored Link

1 今日の英単語  RSVP

意味: 出欠の返事をお願いします。

RSVPって聞いたことがありますか?この単語はフランス語の“Respondez, s’il vous plait,”(Pespond please.)が由来になっています。結婚式やパーティーの招待状などの出欠の確認をするものです。(お返事お願いします。)

私はこの単語をTOEICで勉強したはずなのにアメリカで聞いたときに全然思い出せませんでした。英語では略語がよく使われます。例えば、cuz(=Because)やASPS(=As soon as possibe.)は有名ですよね?このRSVP一緒に覚えておきたい単語の1つです。

ちなみにRSVPは名詞はもちろん、動詞としても使えます

動詞の活用:RSVP’s or RSVPs; RSVP’d or RSVPed; RSVP’ing or RSVPing

2.例文を見てみましょう。

例文から使い方を覚えましょう!

1.Did you get the invitation? RSVP is due by September 3rd.

(招待状は届きましたか?出欠の希望は9月3日までです。)

2.They asked us to RSVP by this Friday.

出欠の希望は今週の金曜日までするように彼らに頼まれています。)

3.I’d like to RSVP for the event.

(イベントに参加を希望します。)

3.まとめ

いかがでしたか。

結婚式の招待状のRSVPを返信するときは、「Congratulation!(おめでとう!)」や「With pleasure!」(喜んで出席します!)」など一言添えるのが礼儀だそうです。そのほうが返信をもらった相手の方もうれしいですよね。英語の単語を覚えながら、アメリカのマナーや習慣も覚えていきたいですね!

※「アメリカ現地で聞く英語」シリーズは私が実際にアメリカに住んでよく聞く英語の単語や表現を紹介しています。 Photo by https://pixabay.com

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。
こちらからランキングが見れます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ