シェアする

アメリカ現地で聞く英語4 good to go

Sponsored Link

Sponsored Link

1.今日の単語  good to go

意味:もう行ってもいいよ

授業が終わったとき、日本では先生が学生に「お疲れ様でした」などと言いますよね?私が通っている英語の学校の先生は「Good to go.」と言います。

他にも病院で注射してもらったとき、お医者さんとの診察が終わったときや、オリエンテーションが終わったときにこのフレーズを聞きました。

be動詞をつけてbe good to goという言い方もできます。例えば、(用意ができて)何か始めるとき、またその場を立ち去るとき「I’m good to go. (≒I’m ready to go.)」なども使って見てくださいね。

2.例文を見てみましょう!

(1) That’s all for today’s lesson. Now you’re good to go. 

意訳:今日のレッスンはここまで。今帰ってもいいよ。

(2)  The doctor examined me and said I’m good to go.

意訳:医者は診察をして、「もう帰ってもいいよ」と言った。

3.まとめ

いかがでしたか?

ぜひ使って見てくださいね!

※「アメリカ現地で聞く英語」シリーズは私が実際にアメリカに住んでよく聞く英語の単語や表現を紹介しています。  Photo by https://pixabay.com

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です。
こちらからランキングが見れます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ